人が見る光景と写真のボケについて

まずはこちらの写真をご覧ください。まず、どこに目が行きますか?
f:id:t-hom:20170531232641j:plain

やっぱ、この柱ですよね。
f:id:t-hom:20170531233101p:plain

なかには「いや、私は違う」って感じた方もいらっしゃるかもしれませんが、大抵の方は柱に注目するはずです。
これは、あたかも柱にピントを合わせたかのように背景をすこーしボカした写真です。

ちなみに加工前はこちら。
f:id:t-hom:20170531232707j:plain

安いカメラで普通に撮るとこんな風に隅々までシャープに写ります。
カメラ単体で背景をボカすことが難しいので、冒頭の写真のように後から編集でボケを作ります。

ボケのある写真と、隅々までシャープに写った写真は、どちらが見たままに近いでしょうか?
私はかつて後者だと考えていましたが、違うということに気づきました。

人間の目は、見たいものを見られるようにできています。
つまり特定の物体に注目しているとき、その背景はボンヤリとしか見えていないはずなんです。

ということは写真においても全体がまんべんなくシャープに写っているよりも、対象物がシャープに、その背景がボケている写真のほうが我々が実際に見ている光景に近いんじゃないかと思います。