格安スマホでノイズの少ない綺麗な写真を撮るには

今回は、格安スマホでもそこそこ綺麗に写真を撮るためのカメラアプリの設定について解説します。

対象読者は、「カメラ任せのオートで撮影したらこんな↓ショボイ画質になってしまった」という格安スマホユーザーの方々です。
f:id:t-hom:20170604003022j:plain

今回お伝えするポイントは、ISO感度を下げてシャッタースピードを遅くすることです。

ISO感度というのは、カメラに入ってきた光に対する感度のことです。
高感度に設定すれば暗い場所でも明るい写真をとることができますが、実際には少ない光を処理回路で増幅しているため、ノイズが入ってザラついた写真になってしまいます。

さっきの写真をズームしてみましょう。
f:id:t-hom:20170604003239p:plain
ノイズがひどいですねぇ。少し手ブレも入ってます。

ではISO感度を下げてみましょう。私のスマホWindows Phone(FREETEL Katana02)ですが、ISO感度設定はもちろんAndroidiPhoneのカメラアプリのも存在するはずです。

Windows Phoneのカメラアプリの場合は最初3つしか設定値が見えないので、矢印アイコンをタップします。
f:id:t-hom:20170604013757p:plain

ISOがautoになっているのでこれをタップし、
f:id:t-hom:20170604014108p:plain

最小値である100に設定してみました。(ちなみに最大1600でした。)
f:id:t-hom:20170604014149p:plain

さあ、撮影!

f:id:t-hom:20170604012204j:plain
暗っ!

それもそのはず。ただ、単純にISO感度を下げるだけではダメです。ノイズは減りますが、光を増幅できないのでこんな暗い画像になってしまいます。

低感度で明るい写真を撮るにはどうすれば良いでしょうか?

それは、増幅しなくても十分なくらい、入ってくる光の量を増やすのです!
デジカメなら絞りを開くことで光を取り入れる面積を増やして光量を調節できます。
しかしふつうはスマホに絞りの機能はありません。

じゃあどうやって光を沢山取り入れるかというと、シャッタースピードを遅くします。
光を取り込む面積を増やせないなら、時間をかけてじっくり光を取り込むのです。

今度はシャッタースピードを調節します。まず最長の1秒にしてみました。
f:id:t-hom:20170604014452p:plain

これで撮影したところ。。
f:id:t-hom:20170604013015j:plain
ブレてる!

ニコンのロゴがボヤっとしてますね。シャッタースピード1秒で完全にブレのない写真を撮りたかったら、撮影ボタンを押してから1秒間、1ミリたりとも動いてはいけないのです。

まぁそんなこんなで、色々調整して撮った写真がこちら。(最後の設定がなんだったか忘れてしまった。。)
f:id:t-hom:20170604004250j:plain

ズームしてみるとこのとおり。
f:id:t-hom:20170604004013p:plain
最初の写真に比べてノイズが少なく、黒が引き締まってます。

おわりに

今回紹介した方法は万能ではありません。遅いシャッタースピードだと、ブレやすいという欠点があり、特に動いてるものはまともに撮れません。
でも格安スマホでも設定次第でこんなに変わるんだということを伝えたかったので記事にしました。

こんな記事を書きましたが、せっかくコンデジを買ったので私自身はもうあまりスマホで撮ることは無いと思います。
ただ最近は格安スマホも普及してますし、折角の旅先で残念なスマホカメラしかなかったっていう経験をされた方も多いと思います。
それでも思い出の場所を少しでも綺麗な写真に残せたら良いなと思い、紹介させていただきました。

以上。